ホーム 自己紹介 コーティング 適用分野 ニュース 連絡先 Impreglon SE

リューネブルクのインプレグロン株式会社(Impreglon AG)

1983年に社内の表面処理加工工場として創設されたインプレグロンの礎石は、リューネブルク工場に定められました。
いくかの拡張を経て、リューネブルク本社工場は現在、最新的なコーティング技術と4900平米の製造面積を誇ります。カーステン・グラッラ役員と50人の社員という経験豊富なチームが、フッ素ポリマー、樹脂、金属、セラミックス、あるいはこれらを組み合わせた数々のコーティングを幅広く取り揃えています。これらは、飛行機、 化学、 印刷、 自動車、 合成樹脂、 食品、 製紙および包装業界など、あらゆる業界の技術分野で利用されています。


 
  | サイトマップ | 発行元