ホーム 自己紹介 コーティング 適用分野 ニュース 連絡先 Impreglon SE

カチオン電着塗装

ディッピング方式によるカチオン電着塗装
ディッピング方式によるカチオン電着塗装は、物質の電気化学的な性質を利用したコーティングです。極性の違う静電気を負っている材料は互いをひきつけ密着性が高い、という物理原則をベースとします。カチオン電着塗装では、金属表面や空洞部分に非常に均一な膜圧で、良好な表面品質が得られます。

防食
カチオン電着塗装では、耐熱性と薬品耐性の高い、効果的で耐久性の高い防食性が得られます。耐ひっかき性があり、小石による破損からも守ります。

環境にやさしい
カチオン電着塗装 は、基本的には水を溶剤として使用しているため、環境にやさしいコーティング方法といえます。自動化に適しており、自動車業界の非常に高い要求水準にも対応しています。

複合層構造
カチオン電着でコーティングを施した表面処理加工は、粉体塗装あるいは従来型の塗装を施すプライマーに非常に適しています。また二重コーティングとして、亜鉛ラミネート、電気めっきした亜鉛層あるいは亜鉛合金膜の上に施すことも可能です。カチオン電着コーティングは色や表面構造とはまったく無関係にほぼどのような分野でも使用することができるのです。


 
  | サイトマップ | 発行元